キャッシング審査に通りにくい人

キャッシングは審査に通らなければお金を借りることができません。この審査はどこのキャッシング会社もマニュアルがあって、そのマニュアルの審査基準によってたんたんと進められています。

キャッシング会社の審査担当者と呼ばれる人は、最終的に融資をするかしないかの、決裁者だけであり、大体その前の事務的な審査はパートやアルバイトの女性が行っていることが多いのです。

その為、キャシング審査の途中で電話がかかってきた女性に審査を通してほしいと懇願するひともいるのですが、実はその人は融資を決める権限などないので、あまり意味が無いのです。

しかし、その女性から審査決裁者に話が行けば、効果はあります。

審査基準に当てはまらない人はどんなにお願いしても絶対に借りられませんが、審査基準には通っていて、どうしようか迷っている場合などは、効果があるでしょう。

所詮人間が審査しているので、感情に訴えるのも一つの方法です。しかし、これは中小の消費者金融に有効な方法であり、大手消費者金融はスコアリングシステムによって審査基準は厳格に決められています。

その為、大手消費者金融ではあまり効果が無いことなのかもしれません。

キャッシング審査に通りにくい人の特徴

キャッシング審査に通りにくい人は、安定性が無い人です。安定性とは、主に居住年数や勤続年数から図るものです。ずっと同じ住所に住んでいる。ずっと同じ会社に勤務していることは、キャッシング会社から見れば安定していると言えるのです。

例えば1年しか働いていない人と、10年働いている人、どちらが会社を辞めやすいか?と考えたとき、確率で行けば、1年しか働いていない人の方が高いはずです。

10年も勤務していれば、それなりに役職が付いている可能性もあり、また給料もそこそこ上がっているはずです。10年勤務した会社を辞めてまた1からやり直しする人は少ないでしょう。

このことからキャッシングの審査では居住年数や勤続年数はかなり重要になる事項なのです。逆に言えば、この項目が低い人(安定していない人)は審査に通りにくいと言うことができます。

カードローン即日で借りようと思うならば、審査は一刻でも早く終わらせなければなりません。その為、勤続年数や居住年数が長い人は借りられる可能性が高いと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です