カードローン審査に落ちる原因(理由)とは?

2006年の12月に成立した貸金業法は、多重債務問題や闇金問題、商工ローン問題などを解決することを目的としています。

2005年の3月から2006年の8月にかけて19度に及び議論が行われており、さらに法改正による混乱を防ぐために2010年の6月までに4段階に分けて施行されています。

この中で特に重要なポイントが、借入総額は年収の3分の1を上限とする総量規制の導入出資法の上限金利の引き下げによるグレーゾーン金利の撤廃です。

前者は多重債務問題を解決することを目的としており、借入残高が100万円を超えるものに対しては源泉徴収票や給与明細書の提出を求めるなどの返済能力調査を義務付けています。

後者のグレーゾーン金利の撤廃は、2006年1月に最高裁判所でみなし弁済によるグレーゾーン金利での貸付を否定する判決が下されたことが背景となっています。

これにより、それまで利息制限法の上限を超える29.2%としていた出資法の上限金利は、20%に引き下げられています。

また、グレーゾーン金利で支払っていた金額は、本来であれば元本返済に充てられていたものまで利息として処理されていたことになるので、払い過ぎていた過払い金が発生しています。

取引期間が長くなるほど過払い金は大きくなり、7年以上ある場合は元本はゼロになっている可能性が高くなります。

過払い金を貸金業者に対して返還請求することは、判例と法律により認められている正当な権利の行使です。しかし、貸金業者側からすれば企業存続を根底から揺るがすほどの大きなダメージとなっています。

現に、業界大手の東証一部上場企業が倒産するという自体も起こっており、業界自体が消滅しても不思議ではありません。

大手の多くは銀行系消費者金融となっています!

このような状況の中で貸金業者の多くは、メガバンクグループの傘下に入りイメージアップに取り組んでいます。そして提供している商品も変化しており、個人向けの小口の融資を専門に行う業者というイメージではなくなりつつあります。

また、メガバンクのATMネットワークを利用して入出金できるので、利便性も向上しています。さらに、極度額は最高で500万円を超えるほど大型化しており、長期的な利用にも対応できる商品内容となっています。

ただし、このように商品が高級化したことにより、誰でも利用できる内容ではなくなっています。つまり、審査で承認される可能性が低くなったということであり、それなりの対策が必要となります。

なお大手貸金業者は、銀行系消費者金融と呼ばれており、銀行と消費者金融の中間に位置する新しい金融機関と認識されています。

このために、これらの業者が提供している個人向けカードローンは、これまでよりも高い属性の人を対象としています。

まず、個人向けカードローンの基本的な貸付条件は、20歳以上で安定した収入を得ている国内在住者です。総量規制が導入されたことにより、自身が無職の専業主婦は世帯収入があっても利用することはできません。

ただし、安定した雇用形態ということまでは求められていないので、派遣社員やフリーターは対象に含まれています。

カードローンを利用するうえでのルールは、毎月の約定日までに指定以上の金額を返済するということです。このルールを守っての利用を積み重ねていくことにより、信用情報が良化して利用可能額を大きく出来ます。

逆に、約定返済に3カ月連続で遅れた場合や61日以上放置した場合は、延滞という事故情報が信用情報機関に登録されることになります。これは、ブラック情報とも呼ばれるもので、審査において業者がマイナスの判断を下す材料となります。

ちなみに、当初の契約を守れずに借入を減額するという債務整理を行った場合も同様にブラック情報として登録されることになり、この場合も5年間は新規借入が困難となります。

まずは、これらが信用情報機関に登録されていないということが審査で承認されるための最低の条件となります。

なお、現実のカードローン審査での信用情報の評価については、大部分が公表されておらずブラックボックス的な部分が多いうえに、業者ごとに審査基準は異なっています。

また、審査に申込みを行い落ちてしまった場合に、理由を教えてくれることはほとんどありません。これはカードローン借り換えでも同じで、審査の基準や落ちた理由を明らかにする法的な義務はないからです。

ただし、特に貸金業者の個人向けカードローンはスピード審査を実施しているので、マニュアル化した基準により合否を決定していると推測されます。

具体的には職業や会社の在籍年数、住居への居住年数などの申し込み情報をスコア化し、合計ポイントが基準を上回れば承認されるという仕組みです。

なお、高い数値を獲得するために申し込み時に虚偽の内容を記載しても意味はありません。例えば、他の業者からの借入を実際よりも少なく記入しても信用情報機関への照会ですぐに事実が判明するからです。このような行為は取引を行う信用が足りないと認識されてしまい、マイナスの影響を及ぼしかねません。

カードローン審査に落ちる理由NO.1は信用情報の事故情報!

カードローンの審査に落ちる理由として一番多いのは、信用情報の事故情報です。事故情報(異動情報)の種類は、3ヶ月以上延滞を続けている、延滞の事故情報から、債務整理、破産、特定調停、個人再生、貸金業者からの法的手続き(訴訟申立)など、多くの種類がありますが、信用情報に事故情報があるだけで、大手カードローンでは審査に落ちる大きな原因になります。

次に多いのが、他社の支払いを延滞中での申込みです。他のカードローンの支払いが済んでいるのか、延滞(未納)なのかは信用情報を見ればすぐに分かることです。他の支払いが延滞中にも関わらず申込みしてきた場合、返済能力無しと判断されて審査は大方通らないでしょう。

その他として、申込み情報が多すぎる場合があります。信用情報は融資を申込みしたかどうか、リアルに更新しています。今日に2件の融資申し込みをした人であれば、信用情報に(2)と申込み情報が残っています。

なので、その件数が5件以上ある場合、切羽詰まっていると判断され、審査に落ちる原因となります。

内緒でキャッシングするならどこがいい?

キャッシングでお金を借りようと思ったときに、怖いのは奥さんや親に借金を知られてしまうことです。

まともな使い道であれば、最初から消費者金融やカードローンからキャッシングする必要はないので、大体借りる人は遊びのお金か、交際費が多いでしょう。

なぜ内緒で借りたいのかと言えば、やはりそれらのことは奥さんや親に内緒にしておきたのがほとんどで、わざわざ金利が高い消費者金融や銀行カードローンから借りるのは言いにくい事情があるからです。

さて、本題ですが、家族や配偶者に内緒でキャッシングすることは現実的に可能なのでしょうか?

ずばり言えば、全然可能です!誰しも借金のことは家族以外にも友人関係にも知られたくないことです。そのことはキャッシング会社も重々分かっているのです。

しかし、貸金業法という法律があって、これは家族にバレそうだから手続きを省いてしまおうということは法律違反になるのでできません。

でも、今は家族や嫁に内緒で借りることは比較的簡単にできます。

内緒でキャッシングできる会社は、モビットです。借金がばれてしまう理由の一つに自宅への郵送物があります。サラリーマンの人はいつも自宅に居るわけではないので、仕事中に自宅に契約書やカードが届いてしまうと、奥さんや親に見られてしまって、借金をしたことが分かってしまうのです。

ですので、重要なことは自宅への郵送物を無くすことなのです!

内緒で借りるならば、まず消費者金融が最も借入のプライバシー保護を重視しています。今の消費者金融会社のほとんどが、WEB契約と言って、インターネット上で契約が完了できるのです。

そのため、契約書が自宅に届く心配をする必要がありません。しかし、どこの消費者金融でも契約はWEBでできても、カードが自宅に郵送されてしまいます。

カードが届けば、一発でキャッシングカードだとバレてしまいますよね?

内緒でキャッシングしたいならモビットのWEB完結で決まり!

そんな貴方におすすめしたいのが、モビットのWEB完結です。モビットのWEB完結はWEB上で契約ができ、最難関のカードは発行しないことを選べるので、自宅への郵送物が無く借入することができます!

但し、これには三菱東京UFJ銀行の口座か三井住友銀行の銀行口座を持っていることが条件になります。

その2つの口座も無い人は、無人契約機へ行き契約することで自宅への郵便物を無くすことができます。

インターネットで申込みし、審査がOKであれば、契約は無人契約機へ行くと伝えてください。審査が通っていることは、伝えられますので、無人契約機へ行っても1からまた申込みすることはありません。

そして契約もカード発行も無人契約機ならできますので、その場でカードを受け取ることができます。そして併設してあるATMよりすぐに借入ができるので、現金も手に入れ、自宅への郵送もありません!(総量規制対象外は提携ATM手数料が無料となっているのでコンビニからでも借入ができます。)

無人契約機があるのは、主に消費者金融会社です。大手のアコムやプロミス、モビットは無人契約機がありますので、内緒で借りたい人は無人契約機へ行くことがベストなのです。

住信SBIネット銀行カードローンの金利

2007年にできたばかりのネットバンクに「住信SBIネット銀行」がありますが、一番後発でもあるのに、業績ではネットバンクの中でトップになっています。

なお、住信SBIネット銀行は名前にある通り、住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資によって設立されました。

そして、住信SBIネット銀行が運営するカードローンには、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2種類があり、利用者の選択ではなく、審査によってコースが決められるようになっています。

プレミアムコースとスタンダードコースの金利

プレミアムコースは金利が2.49~7.99%で限度額は1,000万円、スタンダードコースは金利が8.99%~14.79%で限度額は300万円となっています。

プレミアムコースの最高金利である7.99%はどこの都市銀行やネットバンクでも出されていない破格の金利であり、カードローンの中で少額の借入に対する一番低い金利と言えます。

さらに、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用していたり、SBI証券に口座があったりすると、金利が0.5%割り引かれます。

なお、金利は変動金利のため、契約途中で変わる可能性があります。今年も当初はプレミアムコースの金利が4.0~10.0%で、スタンダードコースの金利は14.8%の一律であったため、共に大幅に下がったことになります。ちなみに、限度額はプレミアムコースが700万円で、スタンダードコースは100万円でした。

銀行カードローンではオリックス銀行カードローンが今おすすめNo.1となっています。詳しくはこのサイトを参考にすると良いでしょう。

在籍確認なしで借りれるところは?

在籍確認が無くて借りられるキャッシングはあるのか?基本的にはないですよね?だって、在籍確認とは消費者金融の最後の審査で最重要と言ってもいいぐらい大切な項目なのです。

嘘の申込みになっていないか?会社を退職していないか?など、在籍確認で分かることは多くあります。

在籍確認はやっぱりあるのかーと、思った、あ・な・た!

安心してください!実はモビットのWEB完結なら在籍確認はなしで借りられることもできるんです!

モビットのWEB完結は従来発生していた、電話や郵送などを全て廃止し、メールのやりとりだけで借りられる、モビットだけの新たなサービスなのです。

在籍確認と取られるかどうかは、審査次第になりますが、原則電話なし・郵送物なしをウリにしているので、よっぽどのことが無い限り、在籍確認は入らないと思っても良いでしょう。

しかし、審査次第では在籍を取る可能性がありますので、絶対に電話連絡が無いとは言い切れないところが注意点と言えます。

借りる人にとって、不安なのは在籍確認だけではありません。自宅に送られる郵送物も非常に怖い存在ですよね?

これについてもモビットは、一切の郵便物なしで借入することができるのです!モビットカードも発行はしないので、カードだけ自宅に郵送されることもありません。

内緒で借りたい人にとっては、とてもありがたい独自サービスなのです。モビットは三井住友銀行グループのモビットですが、銀行系になりますので、総量規制の対象です。総量規制対象外ではありませんので、勘違いしないようにしてください。

キャッシング審査に通りにくい人

キャッシングは審査に通らなければお金を借りることができません。この審査はどこのキャッシング会社もマニュアルがあって、そのマニュアルの審査基準によってたんたんと進められています。

キャッシング会社の審査担当者と呼ばれる人は、最終的に融資をするかしないかの、決裁者だけであり、大体その前の事務的な審査はパートやアルバイトの女性が行っていることが多いのです。

その為、キャシング審査の途中で電話がかかってきた女性に審査を通してほしいと懇願するひともいるのですが、実はその人は融資を決める権限などないので、あまり意味が無いのです。

しかし、その女性から審査決裁者に話が行けば、効果はあります。

審査基準に当てはまらない人はどんなにお願いしても絶対に借りられませんが、審査基準には通っていて、どうしようか迷っている場合などは、効果があるでしょう。

所詮人間が審査しているので、感情に訴えるのも一つの方法です。しかし、これは中小の消費者金融に有効な方法であり、大手消費者金融はスコアリングシステムによって審査基準は厳格に決められています。

その為、大手消費者金融ではあまり効果が無いことなのかもしれません。

キャッシング審査に通りにくい人の特徴

キャッシング審査に通りにくい人は、安定性が無い人です。安定性とは、主に居住年数や勤続年数から図るものです。ずっと同じ住所に住んでいる。ずっと同じ会社に勤務していることは、キャッシング会社から見れば安定していると言えるのです。

例えば1年しか働いていない人と、10年働いている人、どちらが会社を辞めやすいか?と考えたとき、確率で行けば、1年しか働いていない人の方が高いはずです。

10年も勤務していれば、それなりに役職が付いている可能性もあり、また給料もそこそこ上がっているはずです。10年勤務した会社を辞めてまた1からやり直しする人は少ないでしょう。

このことからキャッシングの審査では居住年数や勤続年数はかなり重要になる事項なのです。逆に言えば、この項目が低い人(安定していない人)は審査に通りにくいと言うことができます。

カードローン即日で借りようと思うならば、審査は一刻でも早く終わらせなければなりません。その為、勤続年数や居住年数が長い人は借りられる可能性が高いと言えるのです。

消費者金融を利用して感じたこと

CSS85_MBAmi339
消費者金融という言葉は昔からよく聞いていましたが、私にとってはあまり縁のない話でここ数年ようやく消費者金融を利用したところです。

実際どのような過程で利用するようになったのかというと、キッカケは家電の購入でした。

元々クレジットカードというのも持っていませんし、貯金もあまり持ち合わせていなかったので困った挙句に消費者金融という選択肢を選んだのです。

転勤の為ある日、見知らぬ土地に引越しをしました。数日は引越しの後片付けがありますから仕事をしながら帰宅後は片付けの繰り返し。かなり忙しく生活してみれば足りないものばかりという状態だったのですが、そんな忙しい中なんと冷蔵庫が故障してしまったのです。

この冷蔵庫はまだ3年ほどしか使用していないもので、年数的にも故障するような時期ではないと思うのですが・・・こればかりは仕方が無い事。

しかし問題は冷蔵庫が使えない状況!早く購入しないと食料品を買いためる事もできません。

ですが残念な事にまだ給料日までかなりの時間があり、到底冷蔵庫を買うようなお金はありませんでした。そしてしばらくどうしようかと考えて導き出した答えが消費者金融だったのです。

消費者金融を選んだ理由は一つ、即日キャッシングという魅力です。なるべく早めにお金が必要ですから審査をしてすぐに融資できるサービスが今の自分には最適だと考えたのです。

もちろん本当に即日OKなのか?という疑問もありましたが、そのような事を不安に考えている暇が無いためすぐに無人機のある店舗に行き契約をしてきました。

実際の審査はどうだったのかというと、考えていたよりも簡単でスムーズというのが一番の印象です。

そしてなんといっても、即日キャッシングが本当であった事。

今考えると、あの日即日キャッシングができたので今日という日が幸せなのだと思います。

今後の人生でどのような事が起こるかわかりません。だからこそそんな場面に対処できる消費者金融は大切ではないかと考えています。

私は今でも消費者金融を利用しています。そのお陰で安心という大切なものをいつも提供されているのです。参考:消費者金融審査を通すには?キャッシング審査も解説!

親に内緒で借入ができました!

親元を離れて都会で一人暮らしを始めた際に、親の目が無いという開放感から無駄遣いが激しくなり、キャッシングでお金を借りたことがあります。

初めての一人暮らしという事で理想的な住まいを作りたく、インテリアにも拘りましたし、一人暮らしデビューをするかのように洋服も新しく買い替えました。

それまでずっと無駄遣いや怠惰を批判する親の監視の目や小言を重荷に感じていたのだと、開放感溢れる一人暮らしを始めてから実感をしてしまいました。

これからはもう親に頼らない生活を送り、自分のために生きることができ、自分が欲しい物を買えるんだ、と浮かれていましたが、社会人として働いていましたがついお金を使いすぎてしまった月に、生活費にすら困ってしまいました。

給料日まで一週間もある、しかし残りのお金はたったの3000円程度しかありませんでした。買い物だけでなく車のローンの支払いや車検、家賃、携帯電話の通話料金もかさんでしまい、このような状態となってしまいました。
お金が必要だけれども会社に給料前借をする勇気は無い、親に借り入れすれば、と人は言いますが親には絶対借りたくは無い、そんなプライドから私は消費者金融のレイクに頼ることにしました。

消費者金融を利用すれば実家に連絡が行くのだろうかと心配をしたのですが、滞納さえしなければ実家にはまず連絡が行かないし、郵送物も実家ではなく私の一人暮らしの住まいに届くと知り、親にさえばれなければ良い、と私は申込みをしました。

既に成人をしていましたが、それまで何事をするのにも親の許可が必要だった生活を送っていたために消費者金融の利用も親の承諾が必要になったり、親を保証人にしなければならないのかと思ったのですが、消費者金融は保証人も担保も不要、誰にも知られる事が無い、との事で私は誰の手を煩わせる事も無く、恥をかくことも無く内密に借り入れができたのです。

借りた金額は一万円でしたが少額だったために返済不能にもならずに既に完済済みです。

消費者金融と銀行カードローンどちらがいいか

お金を借りたいけど担保や保証人も用意できないというときは、消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどに申し込まれるとご利用可能です。

一般的には消費者金融のほうが審査がスピーディーで急ぎでお金を借りたいときにメリットがあり、銀行のカードローンのほうが金利が低くご利用限度額が高くて有利な条件でお金を借りたいときにメリットがあります。

消費者金融も銀行もインターネットで来店不要で申し込めます。消費者金融の大手では自動契約機から申し込みからカード発行まで最短40分くらいで完結させることも可能です。

銀行の営業時間が過ぎてしまっても、自動契約機なら21時まで営業しており、即日融資を受けることが出来ます。どちらもアルバイトやパートの方でも安定した収入があることを条件にご利用いただけます。

消費者金融は総量規制がありますが銀行カードローンはありません!

しかし消費者金融は貸金業者を対象にした総量規制で年収の3分の1以上は借りることが出来ません。この総量規制のために専業主婦といった年収のない方はご利用できないことが多くなりました。

ですが銀行カードローンは貸金業ではなく銀行業のもとで貸し付けているので総量規制の対象外です。専業主婦の方でも30万円や50万円といったご利用限度額をご用意しています。

比較的少ないご利用限度額なので夫の収入証明書類をご用意する必要がありません。

専業主婦ご本人の運転免許証など簡単な本人確認書類でお申し込み可能です。夫のお給料の中から返済していくことになるため、夫の勤務先へ在籍確認の電話連絡が入るのが通常です。

在籍確認の電話連絡では会社名を名乗らずに担当者個人名を名乗ることが多いとはいえ、夫に内緒で銀行カードローン審査に申し込むと後で電話がかかってきてバレてしまう可能性があります。

どうしても夫に内緒でお金を借りたい場合は、専業主婦の方には勤務先へ在籍確認の電話連絡を行わない銀行カードローンがあります。ですが専用のローンカードがご自宅に郵送されますので、郵便物を見られないように管理できる専業主婦でないと夫にバレる可能性があります。