振込キャッシングの申込方法と取引明細書

取引明細の画像
最近の消費者金融はインターネットからの振込キャッシングによる借入が可能になっています。わざわざコンビニや銀行へ行かなくても借入ができるので、口座引き落とし用のお金が不足している場合などにはとても便利です。

例えば、アコムの場合はホームページのトップページにある「会員ログイン」をクリックし、会員番号と暗証番号を入力して申込ページに進みます。

次に、「振込によるお借入」ボタンを押します。利用可能額と登録してある銀行口座が表示されるので、「振込によるお借入を申し込む」ボタンを押し、振込希望額の入力と取引明細書の送付先の指定をすれば終了です。振込単位は1万円単位になっています。

なお、アコムではインターネットから振込キャッシングを利用した場合は取引明細書が発行されるので、取引明細書の郵送先を自宅か勤務先のどちらかを選択する必要があります。

取引明細書の郵送が困る人はカードを使ってATMから借り入れるしかありません。

振込キャッシングは平日14時までがボーダーライン!

振込の依頼が平日の14時までに行われると、どの銀行に対しても申込後瞬時に振り込んでもらえますが、15時以降や土日の申込の場合は振込先が楽天銀行以外については翌営業日の9時30分頃の振込になります。

なお、ゆうちょ銀行の場合は若干振込に時間が掛かり、申込んでから3時間程度経ってから振り込まれます。そして、楽天銀行を振込先に指定すると申込時間に関係なく、即時に振り込んでもらえるため、アコムを利用する場合は楽天銀行の口座を用意しておくのが得策と言えます。

プロミスの場合もホームページにある「会員ログイン」から申し込みます。ログインフォームにカード番号とカード暗証番号を入力し、「実行」ボタンを押します。

その後、振込キャッシング・予約申込みのページまで進みます。記載してある利用可能額を確認し、振込希望額を入力して「実行」ボタンを押すと手続きが完了です。

プロミスでは、三井住友銀行かジャパンネット銀行を振込先に指定すると、24時間365日いつでも瞬時に振り込んでもらえます。

その他の銀行の場合は平日の14時50分までに申し込めば即時の振込が可能ですが、それ以外の時間帯の申込では翌営業日の9時30分頃の振込になります。

ところで、プロミスの振込キャッシングでも取引明細書が発行されますが、取引明細書の受取方法を「郵送にて受取」にしている場合は自宅か勤務先へ送られ、取引明細をパソコン上で確認するように設定してある場合は、取引明細書の送付は行われません。取引明細書の受取方法を変更したい場合は、「書面の受取方法の登録・変更」で行えます。

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンはどっちがいい?

女性画像近年、銀行や消費者金融のカードローンを利用する人が増加傾向にありますが、クレジットカードでも以前からキャッシング機能の付帯されたものが提供されています。

借入方法に関してはカードローン同様コンビニATMが利用できますし、インターネットから申し込んで借入金を銀行口座へ振り込んでもらうこともできます。

また、金利(クレジットカードでは手数料)についても、消費者金融とクレジット会社は同じ貸金業者であるため、少額の借入であれば全く差がありません。ただ、銀行カードローンに比べるとかなり高金利ではあります。

キャッシング機能に関しては基本的に任意で付帯するようになっており、キャッシング機能を付けても付けなくても審査の方法は全く変わりませんが、実は、キャッシング機能が付くと審査内容が若干厳しくなります。

例えば、クレジットカードを使ってブランドバッグを購入した場合、代金はクレジット会社が利用者に代わって立て替え払いをしているため、返済が完了するまではクレジット会社に商品の所有権があります。

従って、貸出債権に対するある程度の担保が確保できます。しかし、キャッシングは担保の無い信用取引になるため、審査が厳しく行われます。

なお、クレジットカードではショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額が別々に設定されていますが、それぞれが限度額まで利用できるということではなく、通常はショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれています。

例えば、ショッピング限度額・100万円、キャッシング限度額・50万円とあったとしても、両方を足した額が100万円を超えることはできません。仮に、ショッピングで60万円を利用すれば、キャッシングは40万円しかできません。

クレジットカードのショッピングは割賦販売法なので総量規制は関係なし!

ところで、キャッシングとショッピングは同じクレジットカードを使って行いますが、適用される法律が違っており、キャッシングは貸金業法が適用され、クレジットは割賦販売法の管轄になっています。

従って、他社のカードローンからすでに年収の3分の1の額の借入があると総量規制によってクレジットカードからのキャッシングは利用できませんが、ショッピングをすることは可能です。

そして、ショッピングとキャッシングの利用における主な相違点としては返済があります。ショッピングの場合は翌月一括払いやボーナス一括払いにすると金利が掛かりません。

ところが、キャッシングの場合は翌月一括払いでも1ケ月分の利息を取られますし、ボーナスで返済するとなるとボーナス月までの金利が掛かります。これは消費者金融のキャッシングでも同じです。

ちなみに、クレジットカードのキャッシングとカードローンを比べると、クレジットカードのキャッシングの方が優れている点としては海外で借入のできることがあります。

外国通貨へ両替する場合の手数料は非常に高いため、海外においてその国の通貨で借入のできるのは大きなメリットです。

カードローンとクレジットのキャッシングならカードローンの方が早く借りれます

一方、カードローンの優位点としては即日に利用できることがあります。新規の申込でも「自動契約機」を利用すればその日の内にカードが手に入りますし、インターネットから申し込むと当日中に借入金を銀行口座に振り込んでもらえます。

クレジットカードの場合は申し込んでからカードが送られて来るまでに通常7~10日が掛かります。

そして、カードローンの場合は月1回の約定返済の他に、繰上返済(追加返済)や一括返済が自由にできます。従って、お金に余裕の出た時点で繰上返済をすれば余計な利息を支払わずに済みます。

ところが、クレジットカードの場合は業者に申請してからでないと繰上返済ができず、返済方法も指定口座への振込に限定されます。さらに、請求日が確定すると繰上返済ができません。

また、クレジットカードは締日の関係で借入日によっては口座引落日が2ケ月近く後になるため、利息がその分増えてしまいます。

ショッピングを主体にたまに少額の借入をする場合はクレジットカードが便利であり、現金の借入を中心に考えるのならカードローンの方が利用価値は高くなります。

内緒でキャッシングするならどこがいい?

キャッシングでお金を借りようと思ったときに、怖いのは奥さんや親に借金を知られてしまうことです。

まともな使い道であれば、最初から消費者金融やカードローンからキャッシングする必要はないので、大体借りる人は遊びのお金か、交際費が多いでしょう。

なぜ内緒で借りたいのかと言えば、やはりそれらのことは奥さんや親に内緒にしておきたのがほとんどで、わざわざ金利が高い消費者金融や銀行カードローンから借りるのは言いにくい事情があるからです。

さて、本題ですが、家族や配偶者に内緒でキャッシングすることは現実的に可能なのでしょうか?

ずばり言えば、全然可能です!誰しも借金のことは家族以外にも友人関係にも知られたくないことです。そのことはキャッシング会社も重々分かっているのです。

しかし、貸金業法という法律があって、これは家族にバレそうだから手続きを省いてしまおうということは法律違反になるのでできません。

でも、今は家族や嫁に内緒で借りることは比較的簡単にできます。

内緒でキャッシングできる会社は、モビットです。借金がばれてしまう理由の一つに自宅への郵送物があります。サラリーマンの人はいつも自宅に居るわけではないので、仕事中に自宅に契約書やカードが届いてしまうと、奥さんや親に見られてしまって、借金をしたことが分かってしまうのです。

ですので、重要なことは自宅への郵送物を無くすことなのです!

内緒で借りるならば、まず消費者金融が最も借入のプライバシー保護を重視しています。今の消費者金融会社のほとんどが、WEB契約と言って、インターネット上で契約が完了できるのです。

そのため、契約書が自宅に届く心配をする必要がありません。しかし、どこの消費者金融でも契約はWEBでできても、カードが自宅に郵送されてしまいます。

カードが届けば、一発でキャッシングカードだとバレてしまいますよね?

内緒でキャッシングしたいならモビットのWEB完結で決まり!

そんな貴方におすすめしたいのが、モビットのWEB完結です。モビットのWEB完結はWEB上で契約ができ、最難関のカードは発行しないことを選べるので、自宅への郵送物が無く借入することができます!

但し、これには三菱東京UFJ銀行の口座か三井住友銀行の銀行口座を持っていることが条件になります。

その2つの口座も無い人は、無人契約機へ行き契約することで自宅への郵便物を無くすことができます。

インターネットで申込みし、審査がOKであれば、契約は無人契約機へ行くと伝えてください。審査が通っていることは、伝えられますので、無人契約機へ行っても1からまた申込みすることはありません。

そして契約もカード発行も無人契約機ならできますので、その場でカードを受け取ることができます。そして併設してあるATMよりすぐに借入ができるので、現金も手に入れ、自宅への郵送もありません!(総量規制対象外は提携ATM手数料が無料となっているのでコンビニからでも借入ができます。)

無人契約機があるのは、主に消費者金融会社です。大手のアコムやプロミス、モビットは無人契約機がありますので、内緒で借りたい人は無人契約機へ行くことがベストなのです。

キャッシング審査に通りにくい人

キャッシングは審査に通らなければお金を借りることができません。この審査はどこのキャッシング会社もマニュアルがあって、そのマニュアルの審査基準によってたんたんと進められています。

キャッシング会社の審査担当者と呼ばれる人は、最終的に融資をするかしないかの、決裁者だけであり、大体その前の事務的な審査はパートやアルバイトの女性が行っていることが多いのです。

その為、キャシング審査の途中で電話がかかってきた女性に審査を通してほしいと懇願するひともいるのですが、実はその人は融資を決める権限などないので、あまり意味が無いのです。

しかし、その女性から審査決裁者に話が行けば、効果はあります。

審査基準に当てはまらない人はどんなにお願いしても絶対に借りられませんが、審査基準には通っていて、どうしようか迷っている場合などは、効果があるでしょう。

所詮人間が審査しているので、感情に訴えるのも一つの方法です。しかし、これは中小の消費者金融に有効な方法であり、大手消費者金融はスコアリングシステムによって審査基準は厳格に決められています。

その為、大手消費者金融ではあまり効果が無いことなのかもしれません。

キャッシング審査に通りにくい人の特徴

キャッシング審査に通りにくい人は、安定性が無い人です。安定性とは、主に居住年数や勤続年数から図るものです。ずっと同じ住所に住んでいる。ずっと同じ会社に勤務していることは、キャッシング会社から見れば安定していると言えるのです。

例えば1年しか働いていない人と、10年働いている人、どちらが会社を辞めやすいか?と考えたとき、確率で行けば、1年しか働いていない人の方が高いはずです。

10年も勤務していれば、それなりに役職が付いている可能性もあり、また給料もそこそこ上がっているはずです。10年勤務した会社を辞めてまた1からやり直しする人は少ないでしょう。

このことからキャッシングの審査では居住年数や勤続年数はかなり重要になる事項なのです。逆に言えば、この項目が低い人(安定していない人)は審査に通りにくいと言うことができます。

カードローン即日で借りようと思うならば、審査は一刻でも早く終わらせなければなりません。その為、勤続年数や居住年数が長い人は借りられる可能性が高いと言えるのです。

消費者金融と銀行カードローンどちらがいいか

お金を借りたいけど担保や保証人も用意できないというときは、消費者金融キャッシングや銀行カードローンなどに申し込まれるとご利用可能です。

一般的には消費者金融のほうが審査がスピーディーで急ぎでお金を借りたいときにメリットがあり、銀行のカードローンのほうが金利が低くご利用限度額が高くて有利な条件でお金を借りたいときにメリットがあります。

消費者金融も銀行もインターネットで来店不要で申し込めます。消費者金融の大手では自動契約機から申し込みからカード発行まで最短40分くらいで完結させることも可能です。

銀行の営業時間が過ぎてしまっても、自動契約機なら21時まで営業しており、即日融資を受けることが出来ます。どちらもアルバイトやパートの方でも安定した収入があることを条件にご利用いただけます。

消費者金融は総量規制がありますが銀行カードローンはありません!

しかし消費者金融は貸金業者を対象にした総量規制で年収の3分の1以上は借りることが出来ません。この総量規制のために専業主婦といった年収のない方はご利用できないことが多くなりました。

ですが銀行カードローンは貸金業ではなく銀行業のもとで貸し付けているので総量規制の対象外です。専業主婦の方でも30万円や50万円といったご利用限度額をご用意しています。

比較的少ないご利用限度額なので夫の収入証明書類をご用意する必要がありません。

専業主婦ご本人の運転免許証など簡単な本人確認書類でお申し込み可能です。夫のお給料の中から返済していくことになるため、夫の勤務先へ在籍確認の電話連絡が入るのが通常です。

在籍確認の電話連絡では会社名を名乗らずに担当者個人名を名乗ることが多いとはいえ、夫に内緒で銀行カードローン審査に申し込むと後で電話がかかってきてバレてしまう可能性があります。

どうしても夫に内緒でお金を借りたい場合は、専業主婦の方には勤務先へ在籍確認の電話連絡を行わない銀行カードローンがあります。ですが専用のローンカードがご自宅に郵送されますので、郵便物を見られないように管理できる専業主婦でないと夫にバレる可能性があります。