クレジットカードのキャッシング機能とカードローンはどっちがいい?

女性画像近年、銀行や消費者金融のカードローンを利用する人が増加傾向にありますが、クレジットカードでも以前からキャッシング機能の付帯されたものが提供されています。

借入方法に関してはカードローン同様コンビニATMが利用できますし、インターネットから申し込んで借入金を銀行口座へ振り込んでもらうこともできます。

また、金利(クレジットカードでは手数料)についても、消費者金融とクレジット会社は同じ貸金業者であるため、少額の借入であれば全く差がありません。ただ、銀行カードローンに比べるとかなり高金利ではあります。

キャッシング機能に関しては基本的に任意で付帯するようになっており、キャッシング機能を付けても付けなくても審査の方法は全く変わりませんが、実は、キャッシング機能が付くと審査内容が若干厳しくなります。

例えば、クレジットカードを使ってブランドバッグを購入した場合、代金はクレジット会社が利用者に代わって立て替え払いをしているため、返済が完了するまではクレジット会社に商品の所有権があります。

従って、貸出債権に対するある程度の担保が確保できます。しかし、キャッシングは担保の無い信用取引になるため、審査が厳しく行われます。

なお、クレジットカードではショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額が別々に設定されていますが、それぞれが限度額まで利用できるということではなく、通常はショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれています。

例えば、ショッピング限度額・100万円、キャッシング限度額・50万円とあったとしても、両方を足した額が100万円を超えることはできません。仮に、ショッピングで60万円を利用すれば、キャッシングは40万円しかできません。

クレジットカードのショッピングは割賦販売法なので総量規制は関係なし!

ところで、キャッシングとショッピングは同じクレジットカードを使って行いますが、適用される法律が違っており、キャッシングは貸金業法が適用され、クレジットは割賦販売法の管轄になっています。

従って、他社のカードローンからすでに年収の3分の1の額の借入があると総量規制によってクレジットカードからのキャッシングは利用できませんが、ショッピングをすることは可能です。

そして、ショッピングとキャッシングの利用における主な相違点としては返済があります。ショッピングの場合は翌月一括払いやボーナス一括払いにすると金利が掛かりません。

ところが、キャッシングの場合は翌月一括払いでも1ケ月分の利息を取られますし、ボーナスで返済するとなるとボーナス月までの金利が掛かります。これは消費者金融のキャッシングでも同じです。

ちなみに、クレジットカードのキャッシングとカードローンを比べると、クレジットカードのキャッシングの方が優れている点としては海外で借入のできることがあります。

外国通貨へ両替する場合の手数料は非常に高いため、海外においてその国の通貨で借入のできるのは大きなメリットです。

カードローンとクレジットのキャッシングならカードローンの方が早く借りれます

一方、カードローンの優位点としては即日に利用できることがあります。新規の申込でも「自動契約機」を利用すればその日の内にカードが手に入りますし、インターネットから申し込むと当日中に借入金を銀行口座に振り込んでもらえます。

クレジットカードの場合は申し込んでからカードが送られて来るまでに通常7~10日が掛かります。

そして、カードローンの場合は月1回の約定返済の他に、繰上返済(追加返済)や一括返済が自由にできます。従って、お金に余裕の出た時点で繰上返済をすれば余計な利息を支払わずに済みます。

ところが、クレジットカードの場合は業者に申請してからでないと繰上返済ができず、返済方法も指定口座への振込に限定されます。さらに、請求日が確定すると繰上返済ができません。

また、クレジットカードは締日の関係で借入日によっては口座引落日が2ケ月近く後になるため、利息がその分増えてしまいます。

ショッピングを主体にたまに少額の借入をする場合はクレジットカードが便利であり、現金の借入を中心に考えるのならカードローンの方が利用価値は高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です