振込キャッシングの申込方法と取引明細書

取引明細の画像
最近の消費者金融はインターネットからの振込キャッシングによる借入が可能になっています。わざわざコンビニや銀行へ行かなくても借入ができるので、口座引き落とし用のお金が不足している場合などにはとても便利です。

例えば、アコムの場合はホームページのトップページにある「会員ログイン」をクリックし、会員番号と暗証番号を入力して申込ページに進みます。

次に、「振込によるお借入」ボタンを押します。利用可能額と登録してある銀行口座が表示されるので、「振込によるお借入を申し込む」ボタンを押し、振込希望額の入力と取引明細書の送付先の指定をすれば終了です。振込単位は1万円単位になっています。

なお、アコムではインターネットから振込キャッシングを利用した場合は取引明細書が発行されるので、取引明細書の郵送先を自宅か勤務先のどちらかを選択する必要があります。

取引明細書の郵送が困る人はカードを使ってATMから借り入れるしかありません。

振込キャッシングは平日14時までがボーダーライン!

振込の依頼が平日の14時までに行われると、どの銀行に対しても申込後瞬時に振り込んでもらえますが、15時以降や土日の申込の場合は振込先が楽天銀行以外については翌営業日の9時30分頃の振込になります。

なお、ゆうちょ銀行の場合は若干振込に時間が掛かり、申込んでから3時間程度経ってから振り込まれます。そして、楽天銀行を振込先に指定すると申込時間に関係なく、即時に振り込んでもらえるため、アコムを利用する場合は楽天銀行の口座を用意しておくのが得策と言えます。

プロミスの場合もホームページにある「会員ログイン」から申し込みます。ログインフォームにカード番号とカード暗証番号を入力し、「実行」ボタンを押します。

その後、振込キャッシング・予約申込みのページまで進みます。記載してある利用可能額を確認し、振込希望額を入力して「実行」ボタンを押すと手続きが完了です。

プロミスでは、三井住友銀行かジャパンネット銀行を振込先に指定すると、24時間365日いつでも瞬時に振り込んでもらえます。

その他の銀行の場合は平日の14時50分までに申し込めば即時の振込が可能ですが、それ以外の時間帯の申込では翌営業日の9時30分頃の振込になります。

ところで、プロミスの振込キャッシングでも取引明細書が発行されますが、取引明細書の受取方法を「郵送にて受取」にしている場合は自宅か勤務先へ送られ、取引明細をパソコン上で確認するように設定してある場合は、取引明細書の送付は行われません。取引明細書の受取方法を変更したい場合は、「書面の受取方法の登録・変更」で行えます。